ここから本文です

<民進憲法勉強会>石破氏直前欠席 野党接近の臆測避ける?

7/14(金) 22:09配信

毎日新聞

 民進党の前原誠司元外相ら保守系議員は14日、東京都内で自民党の石破茂元幹事長を招いた憲法勉強会を企画した。しかし、直前に石破氏が出席を取りやめ、勉強会は延期になった。

 事前に会合開催が報じられたこともあり、石破氏が野党議員に接近しているとの臆測が広がるのを避けた可能性がある。

 会合は民進党の原口一博元総務相が呼びかけた。石破氏や前原氏のほか、松野頼久元官房副長官らが出席し、石破氏が講演する予定だった。

 原口氏は以前から石破氏らと外交・安全保障政策に関する会合を重ねていたという。石破氏は憲法改正に向け、野党第1党からも協力者を得る必要があると判断し、講演依頼に一度は応じたとみられる。

 ただ、民進側はいずれも執行部と距離を置く保守系の議員。石破氏とのパイプで、執行部をけん制する狙いもある。民進側の出席予定者は「石破氏にも民進との関係構築で安倍政権をけん制する狙いはあったはずだ」と語った。【影山哲也、高橋恵子】

最終更新:7/15(土) 0:57
毎日新聞