ここから本文です

東京都 24日から都庁内で定時にラジオ体操 小池都知事「期間中に五輪 体に刻んで」

7/14(金) 15:42配信

スポニチアネックス

 東京都の小池百合子知事は、2020年東京五輪・パラリンピックの開会までちょうど3年となる24日から都庁内で定時にラジオ体操することを14日の定例会見で発表した。大会の閉会日と同じ9月6日まで平日午後2時55分から各職場で実施される。

 大会気運の醸成と都民、国民の健康増進につなげるのが狙い。「みんなでラジオ体操プロジェクト」と銘打ち、都内の企業や全国の自治体にも同様の取り組みを呼びかけていく。2020年まで毎夏、同時期に行うという。

 小池氏はラジオ体操を取り入れた理由について「日本人なら音楽を流せば体が勝手に動く。DNAに刻み込まれている」と説明。都庁内で毎日定時にラジオ体操が始まる光景を思い浮かべて「(公共の場で突如ダンスや演奏を始める)フラッシュモブのような形になるが、期間中に五輪があるということを体に刻んでほしい」と語った。

 オリンピック・パラリンピック準備局によると、期間中は午後2時55分になると都庁に庁内放送が流れる。