ここから本文です

1番で出場の阪神・糸井がチーム初安打 1安打1四球と存在感示す

7/14(金) 20:06配信

デイリースポーツ

 「マイナビオールスターゲーム・第1戦、全セ-全パ」(14日、ナゴヤドーム)

 全セの「1番・中堅」で先発出場した糸井嘉男外野手(阪神)が、1安打2出塁と結果を残した。

 リードオフマンとして出場した超人。1打席目に四球を選んでチャンスメークすると、2打席目にはチーム初安打となる遊撃内野安打を放った。

 また、同じく「2番・三塁」で先発出場した鳥谷(阪神)は2打数無安打。ベンチなどで明るい表情を見せるなど、リラックスした雰囲気で試合に臨んだ。

 2人は2打席たったところで交代。四回の守備から退き、糸井の代わりは中日・大島、鳥谷のポジションには巨人・マギーが入った。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/28(金) 23:25