ここから本文です

2017年上半期の電動アシスト自転車の販売が好調~GfK調査

7/14(金) 17:01配信

Impress Watch

 GfKジャパンは、2017年上半期(1~6月)の電動アシスト自転車の市場販売動向を発表。台数、金額ともに前年同期比で1割以上の伸長を記録した。

【この記事に関する別の画像を見る】

■5月以外は全ての月で前年実績を上回る

 2017年上半期(1~6月)の電動アシスト自転車の販売は、台数前年比11%増、金額前年比12%増となった。5月を除く全ての月で前年の販売実績を上回った。

 最大需要期である3月、4月が共に台数前年比11%増であったことに加え、閑散期にあたる6月も好調だったことがプラス成長に大きく寄与した。

 市場の金額規模面では、平均価格の高いチャイルドシート設定車が、販売ピークの3月以降も平均価格を落とすことなく好調に推移。なお、チャイルドシート設定車は金額ベースで市場の40%を占めるまでに拡大した。

 チャイルドシート設定車だけでなく、学生をターゲットにしたシティ車などにおいても、デザイン面などで高付加価値化が進んだ。結果、電動アシスト自転車の税抜き平均価格は約101,000円と前年同期から約1,000円上昇した。

■バッテリーの大容量化とデザインの多様化が販売を後押し

 バッテリーの大容量化が進み、1年前に数%だった16Ah以上を搭載したモデルの販売台数構成比は、24%へと拡大した。また、より大容量の20Ah以上のモデルも登場した。

 チャイルドシート設定車は、乗り手のライフスタイルを反映したコンセプトとデザインが施され、カゴなどのオプションも多彩になっている。また、次世代ターゲットである通学需要の取り込みに向けて、軽さやスタイリッシュさなど男子学生、女子学生それぞれに響くコンセプトの商品が増えているとする。

家電 Watch,河原塚 英信

最終更新:7/14(金) 17:01
Impress Watch