ここから本文です

1打席で左右に何度も打席変更 究極のスイッチヒッター

7/14(金) 23:19配信

朝日新聞デジタル

(14日、高校野球兵庫大会 科学技術4―2三田祥雲館)

 1打席で左右に何度も打席を変える。そんな究極のスイッチヒッターが、兵庫大会2回戦で現れた。科学技術の内野手、十亀慶哉(そがめけいや、3年)。三田祥雲館戦の三回、右の打席に入った後、3球目で左にスイッチ。最後は右に戻って6球目を打ち、内野安打で出塁した。すかさず二盗も決めた。

【写真】打球で歯茎陥没してもフェースガード付け守備する選手

 身長161センチ、体重55キロ。もとは右打ちだが井上和男監督に勧められ、高校1年から左打ちを始めた。昨夏から本格的に打席でスイッチをするように。「追い込まれた時、相手投手の目線を変える効果がある」と言う。

 「自分には長打力があるわけでもない。とにかく出塁して貢献したい」と十亀。この日は2打数1安打で、チームは初戦を突破した。「次の試合でも投手を揺さぶる」と意気込んでいる。=豊岡こうのとり(藤本久格)

朝日新聞社