ここから本文です

下りは11日、上りは13~15日=お盆の渋滞ピーク―高速4社

7/14(金) 19:12配信

時事通信

 東日本、中日本、西日本、本州四国連絡の高速道路4社は14日、お盆期間中(8月5~16日)の渋滞予測を発表した。

 渋滞のピークは下りが11日、上りが13~15日。

 最も長い渋滞は45キロで、(1)5日午前7時ごろの中央自動車道下り線相模湖インターチェンジ付近(相模原市)(2)14日午後5時ごろの関越自動車道上り線高坂サービスエリア(埼玉県東松山市)付近―などでの発生を見込む。予想される渋滞回数は30キロ以上が40回(昨年47回)、10キロ以上が512回(同495回)。

 各社は混雑が予想される期間中、休憩施設駐車場での整理員配置や臨時トイレ設置などの対策を取る。ドライバーには渋滞が予想される時間帯を避けて出発するほか、事故防止へ十分な休憩を取るよう呼び掛けている。 

最終更新:7/14(金) 19:15
時事通信