ここから本文です

無免許運転で巡査を書類送検=「安易に考え」更新怠る―滋賀県警

7/14(金) 20:24配信

時事通信

 滋賀県警は14日、無免許で公用バイクや自家用車を運転したとして、交番勤務の20代の男性巡査を道路交通法違反(無免許)容疑で書類送検し、減給100分の10(1カ月)の懲戒処分にした。

 巡査は容疑を認め、同日付で依願退職した。「私用で(免許の更新を)先延ばししていた。再取得すればいいと安易に考えていた」と話しているという。

 送検容疑は5月20~30日、無免許で公用バイクや自家用車を計6回運転した疑い。

 巡査の運転免許は5月19日が有効期限で、同30日に免許を再取得するため自家用車を無免許で運転して免許センターに行き、発覚したという。 

最終更新:7/14(金) 20:30
時事通信