ここから本文です

乳がんで左乳房全摘出の麻倉未稀が復帰ライブ「命があればまた歌える」

7/14(金) 22:32配信

デイリースポーツ

 4月に乳がんが発覚し、6月に左乳房全摘出手術を受けた歌手・麻倉未稀(56)が14日、都内で、ライブに出演し、仕事復帰した。

 麻倉は6月22日に全摘と再建の手術を受け、同30日に退院。「(担当医から)『95%大丈夫』と言われ、体力も少しずつ回復して、歌えるようになりました」と報告した。

 全摘の決断について「命があればまた歌えるし、主人とも暮らせると思ったので、覚悟を決めないといけなかった」と説明。「まだ体力は半分くらい。完全復帰までに、もっとパワーアップします」と宣言した。

 手術を受けた日に、同じ病と闘っていたフリーアナウンサーの小林麻央さんが34歳の若さで死去。麻倉も闘病中に麻央さんのブログを読んでいたといい、「拝見させていただいて、何となくもしかしたら危ないのかな、と…。皆が勇気づけられていたと思います」と感謝をささげた。

 この日は歌手・庄野真代(62)とのジョイントライブ。盟友・沢田知可子(53)も駆けつけた。3カ月間は激しい運動を禁止されており、代表曲「ヒーロー」はアコースティックバージョンでの披露となった。