ここから本文です

大ガス、電気料金2.6%下げ=関電に対抗

7/14(金) 21:00配信

時事通信

 大阪ガスは14日、電気料金を8月1日から4人家族のモデルケースで約2.6%引き下げると発表した。同時期に家庭向けで平均3.15%値下げする関西電力に対抗する。関西で電気とガスの顧客獲得競争が一段と激化している。

 大ガスの一般的な家庭の8月の電気料金は、例えば月間使用量が260キロワット時で、ガスとのセット契約と2年契約の割引を適用した場合、6565円になる。関電の一般的な家庭の8月料金6721円を下回る。

 大ガスの担当者は「顧客に引き続き選ばれるよう関電より最大5%割安な価格差を維持する」と説明した。ただ、電気とガスのセット契約の合計金額は、標準的なプランで関電の方が安くなる。 

最終更新:7/14(金) 22:28
時事通信