ここから本文です

英ジャガー、世界初公開の新型SUV「E-PACE」でギネス世界記録を樹立

7/14(金) 23:39配信

Impress Watch

 英ジャガーは7月14日(現地時間)、世界初公開した新型コンパクトSUV「E-PACE」で、らせん状に270度回転しながら15.3mのロングジャンプをする「バレルロール」を成功させてギネス世界記録を樹立した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 E-PACEのギネス世界記録樹立はロンドン市内のイベント会場「ExCeL」で
行なわれた。15.3mの「barrel roll」ジャンプを成功させるために欠かせない160mの踏み切り台と着地台を設置できるほどの広さを持つ、イギリスでも数少ない会場の1つ。スタント走行はベテランのスタント・ドライバー、テリー・グラント氏が担当した。

 E-PACEは次世代のジャガーユーザーに向け、スポーツカーのような外観とSUVの実用性を提供する、5人乗りのコンパクト・パフォーマンスSUVとの位置付けとなるモデル。

 E-PACEには、ガソリンエンジンモデルとディーゼルエンジンモデルを用意。最高出力300PSのガソリンターボエンジンモデルでは、0-60mph加速5.9秒(0-100km/h加速は6.4秒)、最高速243km/h(電子リミッター制御)を実現。最高出力150PSのディーゼル・エンジン搭載モデルでは効率を追求して4WDでCO2排出量124g/kmを実現する。

 また、E-PACEに採用された「アクティブ・ドライブラインAWDシステム」はジャガー初となるテクノロジーで、驚異的なトラクションとジャガーならではの後輪駆動特性を両立するものとしている。

 E-PACEのビークル・ライン・ディレクターのアラン・ヴォルカーツ氏は「E-PACEは、ジャガー・スポーツカーのダイナミクスとコンパクトSUVの実用性という最大の長所を兼ね備えています。拡大するPACEファミリーに加わる最新モデルは、快適性、広々とした室内空間、クラスをリードするラゲッジスペース、ハンドリング、そしてジャガー・ランドローバーが設計から製造まで手掛けた最新のINGENIUMガソリンおよびディーゼル・エンジンを同時に提供します」とコメントしている。

Car Watch,編集部:椿山和雄

最終更新:7/14(金) 23:39
Impress Watch