ここから本文です

来年1月に松本幸四郎襲名の市川染五郎「変わらず歌舞伎が好きだということを伝えていきたい」

7/14(金) 19:01配信

スポーツ報知

 歌舞伎俳優・市川染五郎(44)が14日、大阪・なんばパークスシネマでシネマ歌舞伎「歌舞伎NEXT 阿弖流為(アテルイ)」の上映会で舞台あいさつに出席した。

 大阪松竹座公演「七月大歌舞伎」(27日まで)に出演中の合間を縫って登壇した染五郎は、来年1月に親子3代同時襲名で十代目松本幸四郎を襲名するが「今年は染五郎としては(大阪松竹座で)最後の公演となりました。来年も変わらず歌舞伎が好きだということ、歌舞伎はこれだけおもしろいということを伝えていきたいと思います」と熱く語った。

 今作は染五郎、中村勘九郎(35)、中村七之助(34)らが出演した舞台を映像化。北の民・蝦夷(えみし)を率いる阿弖流為と、その征圧を目論む大和朝廷の坂上田村麻呂との宿命の対決を描いている。現在は全国で特集上映されており、年1月にはDVD、ブルーレイディスクで発売されることも決まった。

最終更新:7/14(金) 19:01
スポーツ報知