ここから本文です

【MLB】ダルビッシュのトレード実現性、Wカード争いを左右する敵地10連戦がカギ

7/14(金) 15:09配信

ISM

 テキサス・レンジャーズからのトレードによる放出がうわさされているダルビッシュ有投手。米スポーツ専門ケーブル局『ESPN』などに寄稿するジェリー・クラスニック氏は現地13日、トレード期限である今月末までにレンジャーズが浮上できなければ手放す可能性が高まるとの見方を示した。

 クラスニック氏は、ダルビッシュが左腕コール・ハメルズ投手と共に放出要員になり得ると自身のツイッターで指摘。もしトレードとなればレンジャーズは相当の見返りを求めることが確実なため、タフな交渉が予想されるとみている。

 レンジャーズは前半戦を43勝45敗と負け越し。ア・リーグ西地区首位を独走するヒューストン・アストロズには16.5ゲームと絶望的な大差を付けられているが、ワイルドカード争いではプレーオフ圏内の2位タンパベイ・レイズまで3ゲーム差。14日から始まる後半戦はいずれもワイルドカード争いのライバルであるカンザスシティ・ロイヤルズ、ボルティモア・オリオールズ、そしてレイズとの敵地10連戦が控えており、ここでの結果がダルビッシュの運命を左右しそうだ。

最終更新:7/14(金) 15:09
ISM

スポーツナビ 野球情報