ここから本文です

慶大生「キャンパスクイーン」結城モエ、『脳にスマホが埋められた!』で女優デビュー

7/14(金) 11:30配信

デビュー

 慶應義塾大学ミスコン2014ファイナリストで、「キャンパスクイーン」として活動する結城モエが、7月6日スタートのドラマ『脳にスマホが埋められた!』(読売テレビ/日本テレビ系)に、蟹江小夜役としてレギュラー出演、女優デビューを果たした。

【写真】結城モエのドラマ『脳にスマホが埋められた!』出演シーン。

 結城は「慶應義塾大学ミスコン2014」でファイナリストとなり、その際にスカウトされ、栗山千明らを擁するスペースクラフトに所属。ミスコンファイナリストで構成される「キャンパスクイーン」のメンバーとして、『ESPRITJAPON』(BSフジ/2017年5月~)などに出演している。

 女優としてのデビュー作となったのが7月クールの新ドラマ『脳にスマホが埋められた!』。結城は、主人公・折茂圭太(伊藤敦史)の勤めるアパレル会社「エグザルトン」総務課勤務の新入社員を演じる。結城は「私が演じる蟹江は自由奔放な性格で、素直で明るい新入社員です。そんな蟹江をみて元気になってもらえるように、私自身パワフルに頑張ります!!」と意気込みを語った。

 『脳にスマホが埋められた!』は、アパレル会社のリストラ候補・折茂圭太の脳が、ある日突然スマホのようになってしまったことから起こる騒動を描く、一話完結のSFヒューマンドラマ。読売テレビ/日本テレビ系にて毎週木曜夜11時59分放送。

■結城モエプロフィール
1994年5月18日生まれ、福岡県出身。
慶應義塾大学 法学部 法律学科 4年在学中
身長165cm B87/W63/H86
特技:ピアノ(作曲・絶対音感あり)
趣味:手芸

最終更新:7/14(金) 18:44
デビュー