ここから本文です

本宮の英国庭園11月4日開園 同日記念セレモニー

7/14(金) 10:30配信

福島民報

 福島県本宮市は市内糠沢のプリンス・ウィリアムズ・パーク屋外遊び場に整備する英国庭園を11月4日に開園する。高松義行市長が13日、英国ロンドンとの国際交流事業の出発あいさつで福島民報社を訪れ、明らかにした。
 市は11月4日に現地で開園記念セレモニーを行う。内堀雅雄知事や日英の関係者らを招き、待望の開園を祝う。英国庭園は2015(平成27)年2月、英国王室ウィリアム王子の来訪を機に整備が決まった。
 高松市長ら英国訪問団は18日からロンドンを訪れ、現地時間の20日にロンドンのケンジントン&チェルシー王立区にある福島庭園と姉妹庭園協定を結ぶ。高松市長は矢森真人専務と懇談し、「整備が順調に進み、いよいよ姉妹協定締結を迎える。しっかり準備して臨みたい」と決意を新たにした。
 出発あいさつには中学生3人も一緒に訪れた。本宮一中3年の菅野大地さんは「国際交流でさまざまなことを吸収したい」、本宮二中3年の佐久間悠斗さんは「日本とは違う文化、考えなどを学びたい」、白沢中3年の柴原ももさんは「福島の復興に向けた姿を伝えたい」と抱負を語った。

福島民報社

最終更新:7/14(金) 11:15
福島民報