ここから本文です

劉暁波氏死去 中国報道官「外国は不適切な意見するな」 各国の対応批判に不快感

7/14(金) 11:06配信

産経新聞

 【北京=西見由章】中国外務省の耿爽報道官は14日、ノーベル平和賞受賞者の民主活動家、劉暁波氏の死去を受けて各国から中国政府の対応に批判が相次いでいることについて、「内政問題であり、外国は不適切な意見を表明する立場にない」との談話を発表し、強い不快感を示した。国営新華社通信(英語版)が報じた。

 耿氏は関係国に対して中国の司法主権を尊重するよう要求し、劉氏については「中国の法律に違反し有罪判決を受けた」と強調。劉氏が服役中に肝臓がんと診断されてからは「人道的見地と法律に基づいて、関係部署と医療機関が最大限の治療にあたった」と述べ、対応は適切だったと主張した。

最終更新:7/14(金) 11:06
産経新聞