ここから本文です

「新司会者です!」ユースケの悪ノリでNHKに問い合わせ殺到

7/14(金) 14:47配信

サンケイスポーツ

 俳優でタレントのユースケ・サンタマリア(46)が14日、NHKの「あさイチ」にゲスト出演。司会の井ノ原快彦(41)、有働由美子アナウンサー(48)と繰り広げた冗談が、一部の視聴者を混乱に陥れた。

 番組が始まるとユースケがにこやかな表情で登場し、「新司会者のユースケ・サンタマリアです! 本日のプレミアムトークはゲスト、いのっち!」と冒頭からアクセル全開。「いのっちの突然の降板、びっくりしましたね」と振られた有働アナは「びっくりしましたね、私も!」とこの暴走に乗りかかると、井ノ原も「今年で8年目になるんですが…」と返した。

 さらにユースケが「突然お鉢が回ってきて。雰囲気が似ていると、顔のつくりが一緒じゃないかと」とテキトーな話を展開すると、井ノ原は「降板していきなりゲストなんですね」と困惑の表情を浮かべた。「私は残ったんですね」と自らの続投を確認した有働アナに、「ユースケさんはどういう経緯で新司会になったんですか?」と問われたユースケは、「バーターです。事務所違うんですけどね」。収拾がつかなくなり、最後はユースケ自らが「もう、話を元に戻しません?」とおさめた。

 このやりとりに対し、視聴者から問い合わせが殺到。その数は50通に上り、番組の最後には「80歳になる母が『いのっちさんでよかったのに』と悲しんでいます。謝って下さい」というFAXが紹介された。ユースケは「嘘をついたつもりはないんです。ちょっとした冗談のつもりでした。本当に申し訳ありませんでした」と井ノ原とともに頭を下げ、最後に有働アナが「司会は変わりません!」と伝えた。