ここから本文です

白鵬、全勝守る 高安、宇良は5勝目/名古屋場所

7/14(金) 18:06配信

サンケイスポーツ

 大相撲名古屋場所6日目(14日、愛知県体育館)横綱白鵬は北勝富士を送り出し全勝を守った。新大関高安も栃ノ心を寄り切り、2日目から5連勝。横綱稀勢の里、大関照ノ富士は休場し、琴奨菊と正代がそれぞれ不戦勝となった。

 白鵬は立ち合いで頭から突進してきた北勝富士を受け止めると、体をかわして送り出した。横綱日馬富士は鋭い立ち合いから一気に攻めて勢を押し出し、4勝とした。

 高安は栃ノ心と左四つに組むと、土俵中央で動きが止まり長い相撲に。高安は寄り立てられる場面もあったが、栃ノ心が巻き替えにきたところを前に出て寄り切った。

 大関豪栄道は玉鷲に押し込まれながらも土俵際で体を入れ替えたが、二本差したところを突き落とされ、3敗目を喫した。関脇御嶽海は寄り切って嘉風を下し4勝目。

 碧山は貴ノ岩を叩き込みで下し、平幕でただひとり全勝を守っている。宇良は貴景勝と対戦し、立合いで右に変化して引き落とし5勝目を挙げた。