ここから本文です

麻生太郎財務相 「国内農林水産業が勝てる予算作る」

7/14(金) 12:48配信

産経新聞

 麻生太郎財務相は14日の閣議後の記者会見で、欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)に伴い打撃を受ける農林水産業などの支援について、「競争に負けるという話を前提にコストを補(ほ)填(てん)する後ろ向きの政策ではなく、勝てるものに作り上げるような前向きな予算を作る」と述べた。

 政府はこの日、日欧EPAに関する国内対策の基本方針を決定。今秋をめどに農林水産業の支援を柱とした総合的な対策をまとめる。チーズなどの乳製品、畜産農家の影響を和らげ、競争力強化を後押しする考えで、必要経費は平成29年度補正予算案や30年度予算案に盛り込む方向だ。

 ただ、麻生氏は29年度補正予算案を編成する時期や規模については明言しなかった。「規模より中身(が大事)」として、「チーズなどは製造工程や流通過程を精査すればいくらでもコストが下がり得る部分が多い。そういう意味での予算をつける」と語った。

最終更新:7/14(金) 19:04
産経新聞