ここから本文です

全パが3発快勝! MVPはソフトバンク・内川/球宴

7/14(金) 22:00配信

サンケイスポーツ

 マイナビオールスターゲーム第1戦(14日、全セ2-6全パ、全パ1勝、ナゴヤD)全パが終盤に全セ投手陣を攻略し、先勝した。MVPには勝ち越し適時打を八回に放ったソフトバンク・内川聖一外野手(34)が選ばれた。

 ナゴヤドームがいきなり、沸いた。全パは一回、先頭の西武・秋山が、全セ先発・バルデス(中日)の2球目を左翼席へ運ぶ本塁打を放った。オールスターでの先頭打者本塁打は史上9人目。その後、全セはDeNA・筒香が四回に左翼席へ本塁打を放ち、同点に追いついた。

 全セは1-1の同点で迎えた六回、二死二塁の場面で中日・ゲレーロが左越え適時二塁打を放ち、勝ち越し。全パは七回二死一、二塁からソフトバンク・デスパイネが右前適時打。試合を振り出しに戻した。

 全パは八回に猛攻。二死二塁からソフトバンク・内川の中前適時打で勝ち越し。続く日本ハム・西川が阪神・マテオが投じた外角高めのストレートを推定141メートルの右越え特大2ランを放ち、5-2と突き放した。

 全パは九回にも日本ハム・中田のバックスクリーンへの本塁打で1点を追加。最後は楽天・松井裕がセ打線を3者凡退で締めた。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/26(水) 5:45