ここから本文です

【球宴MVP一問一答】ソフトバンク・内川の心配は「ファンの方は大谷を見たかったんじゃないかと」

7/14(金) 22:42配信

サンケイスポーツ

 マイナビオールスターゲーム第1戦(14日、全セ2-6全パ、全パ1勝、ナゴヤD)全パが終盤に打線がつながり、先勝した。同点で迎えた八回に中前に勝ち越し適時打を放ったソフトバンク・内川聖一外野手(34)が2013年第3戦で獲得して以来、2度目のMVP。ヒーローインタビュー後の写真撮影ではパ各球団のマスコットに囲まれ、満面の笑みを浮かべた。

 --ここ一番で打ちましたね

 「唯一の心配事としては、大谷の代打でしたんで、ファンの方は大谷を見たかったんじゃないかと。ちょっと申し訳ないなと思いながら出させてもらいました」

 --そんなことないぞという声援ですよ

 「あのタイミングで出してもらいましたんで、MVPをもらいましたけど、もっとインパクトのあるホームランも出ましたし、僕もベンチで楽しみながら野球をさせてもらいました」

 --勝ち越しの場面、MVPがよぎったところはあったんじゃないですか

 「心の中には100%MVPがよぎっていました。ここで打てばチャンスがあるかもと思って打席に立ちました」

 --オールスター2度目のMVP。オールスター男と呼ばせていただいてよろしいでしょうか

 「ファンの皆さんは、ホームランであるとか、ひと目で見てすごいなと思うものを求めていると思いますので、僕もそういうことができるようにこれからも頑張りたいと思います」

 --今回パ・リーグ最年長として、ファンの皆さんへひとこと

 「選手の凄さというものが見える試合になったと思いますので、明日も変わらず素晴らしい試合をファンの皆さんにお見せできるようにしたいなと思いますし、日本中の方々がプロ野球にもっともっと熱くなってもらえるように、選手全員で頑張りたいと思います」

スポーツナビ 野球情報