ここから本文です

朴前政権の文書300余り見つかる

7/14(金) 18:07配信

産経新聞

 韓国大統領府は14日、朴槿恵前政権当時の民情首席室の文書300余りが大統領府で見つかったと発表した。

 文書は2014年6月~15年6月に首席秘書官会議で作成され、最大財閥サムスングループの経営権継承の支援策を検討する内容や、経営権継承の議決権を持つ「国民年金」に関する内容。このほか、文化人の「ブラックリスト」、地方選挙の展望、スパイ事件操作、旅客船セウォル号沈没事故の遺族などに関連した内容が記されているという。(ソウル 名村隆寛)

最終更新:7/14(金) 18:07
産経新聞