ここから本文です

世界の債務残高対GDP比ランキング ー 日本はワースト何位?

7/14(金) 7:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

借金は経済を回すために必須の機能だ。政府は道路や病院、学校などへの投資や、減税といった約束事を実現するため資金を借り入れる。

【画像】1000兆円を超える日本の債務残高。そのGDP比は国際的に見ても高い

近年、世界各国のGDPに対する債務残高の比率(以下、債務残高対GDP比)は上昇している。政府が歴史的低金利を利用し、必然的に金利が上昇し始める前に借り入れを重ねているためだ。

借り入れは経済の活性化にとって良いことだが、特に不況時においては、無計画な借金は危険だ。多額の債務を抱え込み、国内の生産が減速すると、いくら低金利とはいえ返済困難になる。

債務残高対GDP比は、その国がこれ以上負債を増やすことなく、どの程度の返済能力があるかを示すものだ。基本的に比率は低ければ低いほど良い。

アメリカのCIAが毎年発行する『ザ・ワールド・ファクトブック』には、世界各国から集計された膨大かつ包括的なデータと統計が掲載され、世界各国の債務残高対GDP比も含まれる。

数値はGDPのパーセントとして計上される。ある国のGDPが1000億ポンド(約14兆6600億円)で、債務残高が1100億ポンドであれば、債務残高対GDP比は110%となる。

以下は債務残高対GDP比が最も高い23カ国だ。

23位 ブラジル ー 89.4%

22位 サントメ・プリンシペ ー 89.5%

21位 ヨルダン ー 90.6%

19位(タイ) イギリス ー 92.2%

19位(タイ) イエメン ー 92.2%

18位 エジプト ー 92.6%

17位 フランス ー 96.5%

16位 カナダ ー 98.8%

15位 スペイン ー 99.6%

14位 モザンビーク ー 100.3%

13位 キプロス ー 104.6%

12位 ベルギー ー 106.7%

11位 バルバドス ー 108.9%

10位 グレナダ ー 110%

9位 シンガポール ー 110.5%

8位 カーボヴェルデ ー 116.8%

7位 エリトリア ー 119.8%

6位 ポルトガル ー 126.2%

5位 ジャマイカ ー 130.1%

3位(タイ) イタリア ー 132.5%

3位(タイ) レバノン ー 132.5%

2位 ギリシャ ー 181.6%

1位 日本 ー 234.7%

[原文:The 23 countries with the highest levels of debt to GDP]

(翻訳:Keitaro Imoto)