ここから本文です

キム・カーダシアンも決意! 代理母出産で親になったセレブたち

7/14(金) 7:00配信

ELLEgirl

代理母を雇ったことを明らかにしたカニエ・ウェスト&キム・カーダシアン夫妻。第二子セイントを出産したとき、第三子を妊娠・出産することは身体的にリスクが高いと医者に警告されたというキムは、長女ノースと長男セイントに弟か妹を作りたいと思い、代理母による出産にトライしようと決意したと明かした。キミエ夫妻のように代理母出産を選ぶセレブは多いけれど、その理由はさまざま。そこで2人の先輩になるであろう代理母出産で親になったセレブたちをご紹介。

【写真】歴代プレママのBESTマタニティドレス30

クリスティアーノ・ロナウド

ポルトガル代表のサッカー選手、クリスティアーノ・ロナウドは代理母出産を明言こそしていないものの、3人の子どもを持つシングルパパ。2017年6月に男女の双子が誕生し、「僕の人生に新たに生まれた愛する2人を抱くことができて、とても幸せだ」と赤ちゃんを抱っこする写真をインスタグラムに投稿した。

その後、弟と妹ができた長男のクリスティアーノ・ロナウド・ジュニアも交え、初めて4人での家族スナップも披露。

ニコール・キッドマン&キース・アーバン

2010年に2人目の娘フェイス・マーガレットをもうけたニコール・キッドマンとキース・アーバン。無事に誕生するまで娘が生まれることについては隠し通していた。誕生すると2人は声明を発表。「フェイス・マーガレットという贈り物を授かることができ、私たち家族はとても祝福されています。そしてとても感謝しています」「赤ちゃんが生まれるまで、私たちを支えてくれたすべての人、特に代理母に対するお礼の気持ちはどんな言葉を使っても伝えきれません」と代理母出産だったことを明らかに。ニコールは2008年に長女のサンデー・ローズを出産している。

ニール・パトリック・ハリスとデヴィッド・ブーティカ

男の子ギデオンと女の子ハーパーという双子を授かったニール・パトリック・ハリスとデヴィッド・ブーティカ。代理母の妊娠がわかったとき、ニールはこう語っている。「僕の精子とデヴィッドの精子を2つの卵子に受精させたんだ。2つとも育つことを祈りつつね。僕たちは2人とも生物学的な父親になりたかったんだ。そして受精卵が2つとも成長した。奇跡だよ」

(Translation & Text: Yoko Nagasaka)

最終更新:7/14(金) 7:00
ELLEgirl