ここから本文です

甲子園目指し堂々の行進 高校野球福井大会開会式

7/14(金) 8:19配信

福井新聞ONLINE

 夏の甲子園出場を懸けた第99回全国高校野球選手権福井大会は13日夕、福井市の福井県営球場で開会式を行い、出場30校の選手が堂々と入場行進した。試合は15日に始まる。

⇒【画像】写真をもっと大きく

 県営球場での福井大会開会式は3年ぶり。蒸し暑い天候の中、昨年優勝の北陸を先頭に、第1シード啓新、敦賀工業などの順ではつらつと行進。高志の上田翔也主将が「緑葉が生い茂る恵まれた環境で、最高の仲間とともに野球ができることに感謝し、最後まで戦い抜く」と力強く選手宣誓した。

 科学技術、武生、足羽の3高校で野球部長を計23年間務め、日本高野連の育成功労賞に選ばれた高志の江南浩和教諭が伝達表彰を受けた。

 15日は1回戦5試合があり、福井市の福井フェニックススタジアムが敦賀工業―大野、敦賀市総合運動公園野球場は敦賀気比―金津で熱戦の火ぶたを切る。大会は8日間の日程。準決勝は25日、決勝は26日に県営球場で行われる予定。

福井新聞社