ここから本文です

【2017年7月世論調査まとめ】内閣不支持率過去最高も、民進党も過去最低に

7/14(金) 7:00配信

選挙ドットコム

【2017年7月世論調査まとめ】内閣不支持率過去最低も、民進党も過去最低に

NHK、読売新聞、朝日新聞の7月度の世論調査データが出揃いました。いずれの調査でも「安倍内閣の支持率はこれまでで最低の30%超、半数前後の人が安倍内閣を支持しないと答え、その割合は過去最高」となりました。

安倍首相は、13日昼、自民党の二階幹事長、政治評論家の森田実氏と面談しました。産経新聞の報道によりますと、『報道各社の世論調査で内閣支持率が下落したことについて「首相は甘い事態ではないという感じを持っていると思った」と語った。首相からは国会論戦を念頭に「ちょっとムキになったところがあったのを改め、ソフトに対応していきたい」との発言があったことを明らかにした。』(森田氏が面談後に記者団に語った内容)とのことです。

首相自身が「甘い事態でない」と感じるほど今回の世論調査結果は衝撃でした。どのような調査結果が出て、どこが「甘い事態ではないと感じるのか」を詳しく解説していきます。

一方、政党の支持率を見てみると、「特に支持している政党はない」いわゆる無党派層が半数近くを占める一方、野党第一党の民進党の支持率はNHK調査で結党以来、最低の数値となり、政権批判票を取り込めていない姿が浮き彫りとなりました。

内閣支持・不支持率

安倍内閣を「支持する」と答えた人は35%と前回6月調査から13ポイント下がって、「支持しない」と答えた人は12ポイント上がって48%でした。調査方法が異なるので単純な比較となりませんが、2012年12月に第2次安倍内閣が発足してからの調査で「支持しない」が「支持する」を上回ったのは、安全保障関連法の審議が行われていた15年8月調査以来で、「支持するは最低、支持しないは最高」の数値となりました。

このうち、「支持しない理由」をたずねたところ、「(安倍首相の)人柄が信頼できないから」と答えた人が44%と最も高くなっています。

今年に入ってからのこの質問に対する回答に「支持しない理由として(首相の)人柄が信頼できない」を挙げた人の割合は、1月22%、2月24%、3月27%、4月27%、5月32%、6月43%と月をおうごとに上昇し、1月時点と比べ倍増している点が目立ちます。

1/3ページ

最終更新:7/14(金) 7:00
選挙ドットコム