ここから本文です

GHC王者・中嶋が前哨戦で怪力ケイジに完敗=ノア

7/14(金) 0:01配信

スポーツナビ

 プロレスリング・ノア「Summer Navig. 2017~第11回グローバル・ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦~」開幕戦となる13日の東京・後楽園ホール大会では、705人を動員した。
 メインイベントでは、中嶋勝彦&マサ北宮&潮崎豪組vs.ブライアン・ケイジ&丸藤正道&マイバッハ谷口組によるダブル前哨戦が実現。7.20大阪でGHCタッグ王座を争う丸藤&谷口組と中嶋&北宮組、7.27後楽園でGHCヘビー級王座を争う中嶋とケイジの間で火花を散らした。

 先発を買って出たのは中嶋とケイジ。ケイジは前シリーズで元GHC王者の杉浦貴、潮崎からシングルマッチで勝利。その実績が認められ、王座挑戦権を獲得した。筋肉の鎧をまとったケイジは、中嶋を軽々と担ぎ上げてボディースラムで投げると、15分過ぎには、潮崎と北宮を2人まとめて眉山のような形で投げ捨て、中嶋にはセカンドロープからのブレーンバスターを敢行。

 中嶋はそれでもケイジにドロップキックで反撃に出ると、さらにトラースキック、サッカーボールキック、ランニングキックから必殺技のヴァーティカルスパイクを狙おうとするも、ケイジは逆に中嶋を持ち上げて切り返すと、リフトアップしてコーナーに投げつけ、ドリルクローで完勝した。 
 ダウンしたままの中嶋を踏みつけてマッスルポーズを決め、GHCベルトに顔を近づけてカメラマンに記念写真を強要したケイジは、「見て分かる通り、コンディションも最高だ。あのベルトもオレの腰に巻かれたがっている」とニヤリ。パートナーの丸藤も、「アンビリーバボー。トゥーストロング、トゥーマッスル。完璧すぎる」と、ケイジの暴れっぷりを絶賛し、「彼に負けないよう、オレたちもしっかりベルトを守る」と、タッグ王座死守を宣言した。

最終更新:7/14(金) 0:01
スポーツナビ