ここから本文です

浅川梨奈の素顔とは?女優の登竜門、『人狼ゲーム』最新作に主演

7/14(金) 12:30配信

Stereo Sound ONLINE

 今年の夏をヒヤッとさせる決定的作品の登場だ。意味深なシーン、あっと驚く展開の数々に、最後まで引き込まれること間違いなしだ。

<完全版>浅川梨奈の素顔とは?女優の登竜門、『人狼ゲーム』最新作に主演

 7月15日から、映画『人狼ゲーム マッドランド』が東京・シネマート新宿ほかで公開される。同作は、桜庭ななみ、土屋太鳳、高月彩良、小島梨里杏、古畑星夏など本格派女優の登竜門となった『人狼ゲーム』シリーズの第6弾。“監禁された高校生が殺し合いを行ない、最終的に生き残った者に1億円が与えられる”というゲームに参加した者たちの心の動きを描く。

 主演を務める浅川梨奈(SUPER☆GiRLS)にお話をうかがった。


――浅川さんが演じる主人公・小池萌はどういうキャラクターですか。

 萌ちゃんは、生きることの楽しさから遠ざかっていた子なんです。生きることが楽しくなくて、なにか刺激を求めていた時にネットで「人狼ゲーム」募集の記事を見て、自ら申し込みました


――以前の「人狼ゲーム」シリーズはごらんになっていますか?

 はい。それに古畑星夏ちゃんからは、映画『咲-Saki-』の撮影の時に、『人狼ゲームラヴァーズ』に主演したときのお話もきいていました。でもそのシリーズに、まさか自分が登場するとは思わなかったので、すごく驚きました。

 『人狼ゲーム マッドランド』の前に『恋と嘘』の撮影があったんですが、そこで森川葵ちゃんに撮影に関するアドバイスをもらったりとか。

 いろんな方から話を聞いて、それを参考にして台本を読んで役を作り、さらに監督と話し合って自分の中のイメージと監督の持っているイメージを組み合わせて、どんどん役に落としていったという感じですね。


――今回の『人狼ゲーム マッドランド』は、前5作品に比べて設定そのものが違います。

 今までの5作品は、人狼を探して人狼を吊ることによって生き残りを図るというゲームだったんですけど、今回の狂人村は人狼を守らなきゃいけない。狂人が生き残るためには人狼を何が何でも守らなきゃいけないっていうルールなので、圧倒的に村人が不利という状態です。いままでの「人狼ゲーム」ファンの方にも、どうなるのか想像がつかないと思います。


――ストーリーの性質上もあるのでしょうが、浅川さんが一切の笑顔を封印して演技されているのも印象的です。SUPER☆GiRLSの時とも、グラビアの時とも、別人のようです。

 私はいろんなスイッチを持っていて、自分でもそのスイッチが入ったのが分かるんです。取材のときのスイッチ、ライヴのとき、アイドルをやってるとき、グラビアをやってるとき、演技をしているとき。演技の中でも「こういう役割」っていうスイッチがあって、台本を読んで現場に入ったら、そのスイッチがスッと入ったのが分かります。

 ストーリーの初めのほうの萌ちゃんは、生きることをあきらめている状態だから、目に覇気がない。だんだんと生きたいって思うようになっていく心の変化を意識して、ていねいに、雑にならないように集中して。


――浅川さんが尊敬する女優は?

 戸田恵梨香さんです。すごく引き出しが多いし、なにより目で訴えてくるんですよ。小さい頃から大好きで、自分も表情で伝えられるような女優さんになりたいなと思いますね。

 撮影中に、すごく学ぶことが多かったのは飯田さん(飯田祐真)からです。彼女の考え方、目線の配り方、表情の作り方、監督に言われたことをすぐに実行するところ、「本当にこれが女優さんなんだ」って改めて思わされて、彼女と一緒に演技をしていると、より自分も役柄にぐっと入れるというか。飯田さんに睨まれるシーンがあるんです。もう、リハーサルで鳥肌が立っちゃって(笑)。

 もっといろいろ演技についての話が聞きたいし、今度ゆっくりご飯に行きたいなって思っています。


――演技する機会が増えることで、さらに女優への意欲が高まっているのではないでしょうか?

 今は土台を作る段階だと思っています。『咲-Saki-』から始まって『14の夜』、『ファイブ』、『恋と嘘』、『人狼ゲーム マッドランド』と出演させていただいて、たくさん経験を積んだからこそ、自分が今までSUPER☆GiRLSにいることで他人に頼っていた部分、油断していた部分が見えてきた。自分の悪いところがたくさん見えてきたというか……。

 そこをどんどん改善していきたいと思ったし、「こうなりたい、こうしたい」というのが明確になりました。人間ってすぐ甘い道に行きたくなっちゃうじゃないですか、私はそうじゃなくてイバラの道を進む気持ちで行きたいなと思っています。


●映画『人狼ゲーム マッドランド』
7月15日よりシネマート新宿ほか、全国順次公開予定
<スタッフ>
監督:綾部真弥
原作:川上亮
企画・配給;AMGエンタテインメント
<キャスト>
浅川梨奈、松永有紗、門下秀太郎、飯田祐真、栗原吾郎、長谷川ニイナ、眞嶋秀斗、木下愛華、坂田将吾、佐奈宏紀 ほか

Stereo Sound ONLINE

最終更新:7/14(金) 17:13
Stereo Sound ONLINE