ここから本文です

オーストリアとの国際会議 山間地の活性化を外国に学ぶ 静岡市

7/14(金) 19:04配信

静岡放送(SBS)

静岡放送(SBS)

 日本とオーストリア、二国間の国際会議が静岡市を舞台に開かれています。豊かな森林資源をもつオーストリアは静岡と共通点が多く、山間地の活性化について活発な議論が交わされています。
 国際会議には両国の大使や研究者、民間企業の有識者などが出席しています。7月14日の公開シンポジウムでは「農林業の将来と地方経済の活性化」をテーマに、木材資源の活用事例などが紹介されました。静岡市の山間地は人口減少や高齢化などの課題を抱えていますが、アルプス山脈を抱え国土の3分の2が森林のオーストリアでも同様の課題があります。
 両国の委員はワサビや茶業、林業の拠点がある静岡市北部も視察し15日の本会合で課題解決に向けた提言をまとめる予定です。

最終更新:7/14(金) 19:04
静岡放送(SBS)