ここから本文です

橋本環奈さん、映画「銀魂」の見どころは?ミニ定春と一緒に教えて!

7/14(金) 7:10配信

BuzzFeed Japan

7月14日公開の映画「銀魂」。漫画から飛び出してきたかのような、再現度が高すぎるキャストたちの名演に期待が高まります。

【写真】「世界で最も美しい顔100人」石原さとみが6位に!1位はどんな人?

BuzzFeed Newsは、神楽役の橋本環奈さんにインタビュー! 神楽のペットであり犬のような巨大宇宙生物・定春にちなんで、“ミニ定春”と一緒にお話してもらいました。

坂田銀時役の小栗旬さん、志村新八役の菅田将暉さんの印象、福田雄一監督からのアドバイスなど、「銀魂」撮影現場の裏話をたっぷりおうかがいしましたよ!

“神楽”だからこそ、あんなことやこんなこと…

――監督からかけられた言葉で印象的なものはありますか?

撮影前にアニメを見るように言われたのは、多分、神楽だけだと思います。アニメ版の神楽の釘宮理恵さんの声を聞いて、イメージをふくらませて、独特のイントネーションを学びました。

――特にお気に入りのシーンは?

今回初挑戦だったアクションです。ワイヤーで吊られて動くのは難しくて苦労したのですが、完成したものを観てお気に入りのシーンになりました。

あとは「鼻ほじ」「ゲロ吐き」もかな? 福田監督の顔をまねすることが多かったです(笑)。楽しんでやっていました。

――オレンジの髪、青い目のビジュアルは神楽そのもの! でしたが、演じる上で気をつけたことはありますか?

とにかく「監督が言ってくださることがすべて」と思っていました。監督が「銀魂」自体を愛してらっしゃるので!

演技の部分で言うと、とにかくコメディの部分は突き抜けてやりきる。その上で、アクションシーンもかっこよくないと成り立たないんですよね。

かっこいい部分があるからこそ、笑いが生まれる。どちらも全力でやることは心がけていました。

――神楽の大好物は「酢昆布」ですが、橋本さんの毎日でも食べたいものは?

私も酢昆布好きなんですよ。「銀魂展」で売っていた、神楽がパッケージになってるものも買いました。

「役に入り込むタイプなんです」

――3月に「日本アカデミー賞 新人俳優賞」を受賞されました。演技の面白さ、やりがいを感じる部分を教えてください。

新たな自分を知れること。楽しいことばかりではなく、大変なことももちろんありますが。ひとつひとつの役で新しい発見も多いし、いろいろなことを気付かせてくれます。

今回も「こんな表情したことない!」という顔をしたり、本格的なアクションに初めて挑戦したり。アクションにしてもコメディにしても、とにかく振り切ることが大事だなとすごく思いました。神楽も、監督が求める笑いに応えながら「ここまで振り切っていいんだ!」って。

――役作りで工夫していることは?

撮影中は、周りの人に役名で呼んでもらうようにしています。「銀魂」の時はマネージャーさんにも「神楽」って呼んでもらっていました。

私、結構役に入り込むタイプなので……。その役として撮影期間の何カ月間を生きていくようなイメージです。

――万事屋のみなさんとはどう呼び合っていたんでしょうか。

いろいろですね、「銀さん」「ぱっつぁん」だったり、「小栗さん」「菅田さん」だったり。

1回、小栗さんのことを「旬」って呼び捨てで呼んでみよう、って時があって……呼べるわけないじゃないですか!(笑)そんな冗談を交わせるくらい雰囲気がいい現場でした。

監督って、普通キャストとは別に、モニターを見ながらブースで作業していることが多いですが、福田監督は休憩中に私たちのところにおしゃべりしに来るんです。逆に、こっちからちょっかいかけに行くことも。

みんなでごはんに行くことも多かったですし、一緒に遊んでいる、楽しんで作り上げている感覚でしたね。

1/2ページ

最終更新:7/14(金) 7:10
BuzzFeed Japan