ここから本文です

人気芸人、実は“バンドマン”になりたかった?

7/14(金) 6:40配信

ニッポン放送「しゃベル」

7月7日(金)深夜放送の『三四郎のオールナイトニッポン0(ZERO)』で、バンド「ゲスの極み乙女。」ボーカルの川谷絵音が自身のツイッターで「毎年願いは同じです。姪っ子がバンドマンと付き合いませんように」とつぶやいたことを話題に上げた。

2015年7月7日から川谷絵音は“バンドマンと付き合いませんように”と毎年、七夕の願いをツイートしていて、今年も変わらない内容を投稿。昨年、『三四郎のオールナイトニッポン0(ZERO)』でこのツイートについて取り上げていたが、番組も続いて同じ話題を紹介すると、小宮は「芸人より、バンドマンの方がカッコいい」と憧れの存在だと冗談交じりに話した。

相田:ゲスの極み乙女。の川谷絵音さんが「毎年願いは同じです。姪っ子がバンドマンと付き合いませんように」って、今年もつぶやいたみたいです

小宮:ここ何年、ずーっとそれだよね(笑)

相田:昨年もこれについて紹介したよね

小宮:バンドマンって良いと思うけどな。芸人とバンドマンだったら、バンドマンの方が絶対良いからね

相田:そう?

小宮:俺だってバンドマンしたかったよ

相田:バンドマンしたかったの?

小宮:そうそう。ギターが弾けないし、歌が下手だから渋々芸人になっているわけで

相田:渋々なの?

小宮:バンドマンって、めっちゃカッコイイじゃん!みんな憧れでしょ?

相田:カッコいいけど、芸人だって良いところありますよ?

小宮:芸人って、熱湯風呂に入って「あちちちっ!」みたいなさぁ……

相田:誰かに笑いを提供する、っていう面ではカッコイイじゃん

小宮:熱湯風呂に入ったり、プロレスラーに張り手されて「いてててっ」って、しかもそれが出来るのも一握りだからね?そしたらバンドマンの方がカッコいい!

また、番組では、富山県南砺市(なんとし)で “架空の虫”を題材にしたユニークな工作コンテストが開催されたことを受け、「あなたが考えた架空の虫」をテーマにリスナーからメールを募集。さまざまな“虫”が届く中、人間が寝ている間に悲しい思い出を食べてくれる“悲しい思い出たべたべ虫”が紹介されると、「会社で悪口を言われた記憶が消えているから、“悲しい思い出たべたべ虫”は実在します」「中学生の時のパシリにされた記憶がないから、存在する」「1匹譲っていただけませんか?成人式の嫌な思い出を食べてほしい」といったメールが続々届き、嫌な記憶を消してくれる虫は大人気だった。

ニッポン放送