ここから本文です

米中メーカーのコラボイヤホン。Lotoo×ENIGMA=Dharma D200、3万円

7/14(金) 17:11配信

Stereo Sound ONLINE

ケーブルは交換できないが、銅銀製のハイブリッド品を採用

 中国とアメリカのオーディオメーカー、LotooとENIGMAcoustics(エニグマ・アコースティクス)がコラボして作り上げたイヤホン「Dharma D200」が、7月17日より発売される。価格は3万円(税別)。

おしゃれなケース付き

 Dharma D200は、4月に行なわれた「春のヘッドフォン祭2017」のトップウイングブースで初お披露目され、同イベントのアワードで銅賞を受賞した製品。

 搭載するドライバーはダイナミック型一基であり、そのシンプルな構造がもたらすサウンドは、楽器があるがままの音を奏でるナチュラルさを目指したのだという。

 再生周波数帯域は、人間の可聴帯域と言われる20Hz~20kHzをカバーしており、小型で広帯域な再現を可能にするドライバーを本モデルのために新開発し搭載した。

 また、D200ではあえてリケーブル仕様とはせずに、ユニットから直出しの銅と銀のハイブリッド導体を採用している。これは、同社が求める導線の太さを確保するための措置だという。

Stereo Sound ONLINE

最終更新:7/14(金) 17:52
Stereo Sound ONLINE