ここから本文です

旬の味覚頬張る 青森・八戸でブルーベリー狩り始まる

7/14(金) 11:40配信

デーリー東北新聞社

 青森県八戸市南郷地区で13日、恒例のブルーベリー狩りが始まった。初日は観光農園の開園セレモニーが開かれ、夏空の下、招待された保育園児が甘酸っぱい旬の味覚を頬張った。

 市南郷観光農業振興会(一二三勝会長)によると、生育は昨年よりやや遅いが平年並みで、作柄は良好。現在は極わせ種とわせ種が食べ頃を迎えており、ここ数日の好天で中生種も色づきが進んでいる。

 一二三農園で開かれたセレモニーでは、地元の「いちのさわ保育園」の約40人が収穫を体験。ブルーベリーの木々の間を動き回り、紫色の大粒を選んで次々に摘み取っていた。

 ブルーベリー狩りは、南郷地区の16園地で8月中旬ごろまで楽しめる。問い合わせは、グリーンプラザなんごう=電話0178(82)2902=へ。

デーリー東北新聞社