ここから本文です

脱帽、快進撃の世界87位は準決勝で完敗「驚かされた」<女子テニス>

7/14(金) 5:42配信

tennis365.net

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は13日、女子シングルス準決勝が行われ、第14シードのG・ムグルサ(スペイン)に1-6, 1-6のストレートで敗れた世界ランク87位のM・リバリコワ(スロバキア)は、試合後の会見で「ムグルサのプレーには驚かされた。こんなに良かった彼女は見たことがない」と脱帽した。

【観客が突然悲鳴 後味悪く終了】

これまでツアー4大会で優勝している元世界ランク31位のリバリコワは、昨年のウィンブルドン後、怪我によりツアーから離脱。今年2月の下部大会で復帰すると、世界ランキングを450位台から現在の87位まで戻した。

今大会は2回戦で第3シードのKa・プリスコバ(チェコ共和国)を破る金星をあげたリバリコワの快進撃は止まらず、準々決勝では第24シードのC・バンデウェイ(アメリカ)をストレートで下して四大大会初のベスト4進出を果たした。

しかし、ムグルサとの準決勝は序盤から主導権を握られ「当然、このスコアで負けたくなかった。この大会では良いプレーが出来ていた。突然、何も出来なくなってしまった」と落胆した。

「フルセットの6-8とかで負けたと想像したら、それはそれで気が狂いそうかも。今日は接戦にならなかった。彼女(ムグルサ)は勝者に値する。次は絶対もっと良いプレーをしたい。ベスト4に入るとは想像もしなかったし、プリスコバを倒した。今、彼女は世界ランク1位の選手」

快進撃を見せた28歳のリバリコワは最後に「観客は最高だった。どの試合でも、そうだった。ここでのプレーをとてもエンジョイしていた。ムグルサの素晴らしいテニスを見たかもしれないけど、自分も良いプレーをしたかった。それでも観客は最高だった。本当に感謝している。とてもパワーをくれた」と述べた。

一方、2年ぶり2度目の決勝進出を果たしたムグルサは、決勝で9年ぶり6度目の優勝を狙う第10シードのV・ウィリアムズ(アメリカ)と対戦する。

tennis365.net

最終更新:7/14(金) 5:42
tennis365.net