ここから本文です

広島が唯一の最高評価、けが人続出と山田不振響いた燕…セ打線の前半戦採点

7/14(金) 15:25配信

Full-Count

広島の前半戦MVPは丸、投手陣に比べて打線弱い阪神

 プロ野球は12日に前半戦を終えた。セ・リーグは広島が首位を独走しており、2位・阪神に8ゲーム差をつけて折り返し。阪神が貯金7、DeNAが貯金2としている一方で、巨人が球団史上ワーストの13連敗があって借金6、ヤクルトは2度の10連敗を喫するなど、厳しい前半戦となった。

【図表】「マイナビオールスターゲーム2017」 出場者一覧

 ここでは、各球団の投手、野手に分け、各球団の前半戦の戦いを、5段階で評価してみたい。今回は野手編。

◯1位・広島(52勝29敗2分け) 5点

 リーグで唯一の最高評価。これに異論を挟む人はいないだろう。チーム打率.278、437得点は12球団トップ。94本塁打、64盗塁はリーグトップと、その数字はセ・リーグで群を抜く。7月7日のヤクルト戦で5点差を9回にひっくり返したように、破壊力は凄まじい。前半戦のMVPは丸だろう。打率.319、16本塁打、57打点を記録し、交流戦では3打席連続本塁打の離れ業も。田中が.292、菊池が.279と3割にこそ届かないが、役割を果たし、エルドレッドも。288、21本塁打。これに加えて、安部や松山、會澤といった脇役も好成績を残し、打線に切れ目がない。4月下旬から4番に座る鈴木は.296、17本塁打、64打点。昨季ほどのインパクトはないが、それでも成績は上々といえるだろう。

◯2位・阪神(43勝36敗) 3点

 投手陣に比べると、打線は弱いと言わざるを得ないだろう。チーム打率.246、52本塁打はリーグ4位。鳥谷が打率.298、上本が.301と上々の数字を残す一方で、主軸を担うべき福留、高山、そしてFAで加わった糸井の成績が物足りない。本塁打の出にくい甲子園を本拠地としているとはいえ、チームトップが中谷の9本塁打では、やはり破壊力に欠ける。新助っ人として獲得したキャンベルも戦力になっているとは言い難い。リーグワーストの52失策を喫している守備面も大きな課題。リーグトップの数字を残している投手力があるだけに、広島を追いかけるためには、攻守両面で野手陣の奮起が不可欠だ。

1/2ページ

最終更新:7/14(金) 15:37
Full-Count