ここから本文です

住友金属鉱山、廃LiBから銅・ニッケル回収

7/14(金) 14:04配信

日刊産業新聞

 住友金属鉱山は13日、リチウムイオン二次電池(LiB)の使用済み品や工程内スクラップから銅、ニッケルを回収、再資源化するフローを、日本で初めて実用化したと発表した。無害化処理した廃LiBを、東予工場(愛媛県)の乾式銅製錬工程に投じ、部材の銅を電気銅へと再資源化。製錬中間物を近隣のニッケル工場(愛媛県)へ運び、LiB正極材向けの硫酸ニッケルに再資源化する。廃LiB約100トンから銅16―20トン、ニッケル4―5トンを回収できる試算。

最終更新:7/14(金) 14:04
日刊産業新聞