ここから本文です

「もし母国でのイベントに欠席したらファンに“撃たれそう“」とフェルスタッペン。イベント参加の重要性を主張

7/14(金) 19:58配信

motorsport.com 日本版

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、水曜日ロンドンにて行われた”F1ライブ”というファンイベントを他の全ドライバー19名が出席する中、ただひとりだけ欠席した。のちにハミルトンは、オーストリアGPの後十分な休息を取らなければならなかったとその理由を明らかにしている。

写真:”F1ライブ”での様子。フェルスタッペンが走る姿を観客は間近で見ることができた

 一方、レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、このようなファンイベントがどこで開催されようとも、参加することがドライバーにとって重要であると主張している。

 フェルスタッペンは、ハミルトンの欠席に対して次のように述べた。

「ルイスが休みたいと感じたのであれば、休みを取る必要があると思う」

「それによって彼が速く走れるのであれば、そうすべきだと思う。だけど、イギリス人のファンたちは、イベントの中で彼と会いたかったんじゃないのかな」

 さらにフェルスタッペンは「もしオランダでイベントが開催されて、僕が欠席したとしたら、現地のファンに撃たれそうだ」とジョークを交え、「良い催しだったと思う」とイベントの内容について語った。

「すごいイベントだったよ。大勢の人が詰めかけてきていて、僕たちはドーナツターンを披露したんだ。そんなの全く許可されていなかったのにね」

 さらにフェルスタッペンに対して、レースの週末が連続した場合、休暇を取るかどうか考えるかどうか訊くと「必要な時はね。人によって意見が違うと思う」と答えた。

 一方のハミルトンは、ファンがイギリスGPを観戦するために努力してきたことを”感謝し、リスペクトしている”と語り、”自分のファンと繋がることは、できる限り全てやった”と主張している。

 フェルスタッペンは、前戦オーストリアGPで行われたパレードで彼の応援スタンドにいる観客たちにTシャツをプレゼントしたり、レース週末の間もトラックでキャンプするファンたちの元を訪問していた。

 それに引き続き、彼はシルバーストンでもより多くのサポートをしてもらえると期待している。

「オーストリアではたくさんオレンジ色(フェルスタッペンのファンはオレンジ色のファングッズを着用していた)を見ることができて嬉しかった」とフェルスタッペン。

「ファンがいっぱいいる時は、常にブースト状態になれる」

「”オランダGP”があったら、こういったイベントを開催したいよ。でもここでも多くのファンが来てくれたんだ。昨年、ニコ(ロズベルグ)をオーバーテイクできた時のファンの声援は本当に素晴らしかった」

「チャンピオンシップにとっても良い結果になったし、多くのイギリス人ファンたちが応援してくれているのを見ることができた」