ここから本文です

シティ、念願のサイドバック獲得でトッテナムと合意間近 成立すれば2つの記録更新に

7/14(金) 15:20配信

theWORLD(ザ・ワールド)

トッテナムのカイル・ウォーカー

マンチェスター・シティは、トッテナムに所属するDFカイル・ウォーカーの獲得が目前に迫っているという。

シティは今夏にサイドバックを大量に放出しており、一番の補強ポイントもなっていた。英『the guardian』は、シティがウォーカー獲得でトッテナムとすでに合意し、同選手はメディアチェックを受けるためマンチェスター入りしたと報じている。また、移籍金は最大で5300万ポンド(約77億円)だと伝えた。

もしこの金額で移籍が完了した場合、2014年にパリ・サンジェルマンがダビド・ルイス獲得の際にチェルシーに支払った5000万ポンド(約73億円)を抜いて、DFとしては史上最高額の移籍金となる。また英国人選手としても、シティがラヒーム・スターリング獲得の際にリヴァプールに支払った4900万ポンド(約71億円)を抜いて、歴代1位の高額選手だ。

シティは既にGKエデルソン・モラレスとMFベルナルド・シウバを獲得しており、今回成立すれば3人目の補強となる。改革を順調に進めるシティの来シーズンに、これまで以上の期待が持てる。

https://www.theworldmagazine.jp