ここから本文です

マンチェスター・シティがトッテナムの右SB獲得で合意、移籍金は72億円

7/14(金) 21:00配信

SPORT.es

マンチェスター・シティとトッテナムは、カイル・ウォーカーの移籍に関して合意に達した。
イングランド国内ではそのオペレーションの移籍金は5,000万ポンド(約72億4,000万円)に及ぶと報じられている。
カイル・ウォーカーは新シーズンに向けたグアルディオラのシティ3人目の補強選手となる。

数週間続いていた交渉の末、オペレーションは今週木曜日に加速した。
マンチェスター・シティは加入が有力視されていたダニ・アウベスのPSG入りが決まった後、カイル・ウォーカー獲得に向けたオファーの内容を改善した。
チーム・シティズンはトッテナムがウォーカーの移籍を容認するために要求していた5,000万ポンドを支払う決断を下したようだ。

ウォーカーと指揮官のポチェッティーノの関係性は最高の時を過ごしていたとは言い難かったが、ウォーカーはまだ契約を4年残していたため、スパーズは彼を売却する必要性を全く持っていなかった。
それ故、トッテナムは適正な価格でのみ彼を売却する事を望んでいた。

ウォーカーのシティとの契約は近日中にオフィシャルとなるだろう。
グアルディオラは今夏、獲得する必要のある3人のサイドバックの1人目を確保に成功した。
そして、次にマンチェスターにやって来る名前は、ベンハミン・メンディーとなる可能性がある。モナコに所属するこのフランス人サイドバックは、左サイドを補強するためにやって来る。

(文:SPORT)

SPORT.es

最終更新:7/14(金) 21:00
SPORT.es