ここから本文です

いじめ「自殺」 調査委設置申し入れ

7/14(金) 7:44配信

ホウドウキョク

茨城・取手市で、女子中学生がいじめを訴え自殺した問題で、女子中学生の両親が13日、茨城県知事のもとで、新たな調査委員会を設置するよう申し入れた。
中島 菜保子さんの父・孝宜さんは、「まずは菜保子の方を向いて調査してください」と話した。
当時、中学3年生だった中島 菜保子さんは、2015年、いじめを訴えて自殺し、中島さんの両親は、取手市が設置した第3者委員会が、「いじめがなかったことを前提に設置された」などとして解散を求め、6月解散していた。
中島さんの両親は13日、茨城県の教育委員会に対し、「茨城県知事のもとに、いじめ防止対策推進法の趣旨に基づいた調査委員会を設置してほしい」と訴えた。
県の教育委員会は、「ご遺族の感情をふまえ、積極的に対応したい」としている。

画像つきで記事をみる

最終更新:7/14(金) 7:44
ホウドウキョク