ここから本文です

ラジオ体操で五輪機運アップへ

7/14(金) 20:22配信

ホウドウキョク

東京都は、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け、ラジオ体操で機運を高めるプロジェクトを始めると発表した。
期間は、東京オリンピック・パラリンピックが行われる、7月24日から9月6日までで、2017年から、東京大会が開催される2020年まで、毎年行う予定。
都では、スタンプカードや、都関連のゆるキャラが登場するラジオ体操動画を作成し、企業や全国の自治体などに、ラジオ体操の実施を呼びかける。
また、期間中の平日午後2時55分から、都庁舎内で曲を流し、職員がラジオ体操を行う予定。
小池知事は「音楽を流せば、勝手に体が動いてしまうほど、日本人のDNAに刻み込まれているラジオ体操を活用して、東京大会の機運を醸成したい」としている。

画像つきで記事をみる

最終更新:7/14(金) 20:22
ホウドウキョク