ここから本文です

夏の客船シーズン 横浜港

7/14(金) 7:03配信

カナロコ by 神奈川新聞

 横浜港に夏の客船シーズンが到来した。横浜市中区の横浜港大さん橋国際客船ターミナルでは13日、英国船籍のダイヤモンド・プリンセス(11万5875トン)が着岸後、日本船籍のクルーズ客船2隻が入れ替わるという珍しい同時着岸が見られた。

 ダイヤモンド・プリンセスは同日午前5時すぎに入港した。前日から着岸していた飛鳥2(5万142トン)が午前10時ごろに出港、約1時間20分後ににっぽん丸(2万2472トン)が入港。大さん橋は乗下船客や市民らでにぎわった。

 市港湾局によると、今後大さん橋で同時着岸を見る機会は7月は3回、8月は5回、9月は4回ある。

 8月13日はオーシャン・ドリーム(3万5265トン)、コスタ・ビクトリア(7万5166トン)が大さん橋に並び、スーパースター・ヴァーゴ(7万5338トン)が山下ふ頭に着岸する。同月16日はぱしふぃっくびいなす(2万6594トン)、飛鳥2、にっぽん丸が横浜港でそろう予定。

 入出港予定は変更になることがある。当日の入港状況は、大さん橋インフォメーション電話045(211)2304。