ここから本文です

躍動中のロンゾ・ボール、サマーリーグで着用するバッシュごとのスタッツが話題

7/14(金) 17:42配信

バスケットボールキング

 今季のドラフト全体2位指名でロサンゼルス・レイカーズに入団したロンゾ・ボールが、ラスベガスで行われているNBAサマーリーグの各試合で着用する、バッシュごとのパフォーマンスが話題になっている。

 現地メディアの『SBNATION』は7月14日にInstagramをとおして、ロンゾが計4試合で着用したバッシュごとのスタッツを紹介した。自身のシグネチャーモデルであるビッグ・ボーラー・ブランドでは、2試合平均で8得点8アシスト7.5リバウンドを記録。しかし、ナイキのコービー・ブライアント(元レイカーズ)モデルで臨んだ13日(現地時間12日)のプレーオフ1回戦では、36得点11アシスト8リバウンドの大活躍を見せた。さらに、翌日の試合では、アディダスのジェームズ・ハーデン(ヒューストン・ロケッツ)モデルで16得点12アシスト10リバウンドの“トリプルダブル”を達成した。

 レブロン・ジェームズ(クリーブランド・キャバリアーズ)は13日(同12日)のゲームを観戦し、自身のInstagramにナイキのスローガンでもある「Just.Do.It」の言葉とともにロンゾの動画を投稿。「ナイキと契約しているレブロンがロンゾを勧誘してる」、「ロンゾもナイキに変えるべき」などといったコメントが寄せられている。

https://www.instagram.com/p/BWeUr6dB2pG/?taken-by=kingjames

BASKETBALL KING