ここから本文です

県卸商業団地協同組合が400万円 沖縄こども未来プロジェクトに寄付

7/14(金) 0:25配信

沖縄タイムス

 沖縄県卸商業団地協同組合(赤嶺克己理事長)は13日、子どもの貧困解消を目指し、沖縄タイムス社が創設した沖縄こども未来プロジェクトに、会員企業などから集めた計400万円を寄付した。

 赤嶺理事長と照屋功専務理事は同日、沖縄タイムス社を訪ね、「みんなが理解してくれて、思った以上の金額が集まったことはうれしく思う。一過性ではなく、存続する限り続けていきたい」と託した。

 沖縄タイムス社の豊平良孝社長は「沖縄に生まれて良かったと思える子どもたちを増やしていきたい。しっかり活用させていただきます」と感謝した。

 寄付した企業、団体は次の通り。

 湧川商会、シンジョウ、池原商事、マルキン海産、日献産業、ヤビク商事、大竹商店、金城商事、大伸、イバノ、ナカフク、儀間、沖縄商会、川平商会、川平、富村商事、丸政商事、名城、タカダ、大東商事、琉球ミート、沖縄丸一食品、新垣具郎商店、カナダ物産、光生商会、ジーマック、沖花、琉球デリカサービス、ジーマ、ジーマックス、喜屋武商店、三郵海陸運輸、許田商会、ティ・アイ・シー、海洋食品、アサヒ化粧品販売、ジーマリアルエステート、儀間プロパティ、幸地ドレープ、県卸商業団地協同組合、沖縄卸商業団地、組合事務局互助会、スターアローズ。

最終更新:7/14(金) 8:20
沖縄タイムス