ここから本文です

辺野古新基地:資材積んだ車両約60台がシュワブ内に K9護岸では石材投下

7/14(金) 11:40配信

沖縄タイムス

 名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブでは14日午前10時半までに、新基地建設の資材を積んだ車両約60台が入った。資材搬入は8時ごろと10時20分ごろの2回。抗議行動の市民約20人を、2倍以上の機動隊員が強制排除した。

 機動隊は強制排除した市民を歩道の一画に集めて15分ほど拘束。市民は「不当拘束」「憲法違反」などと訴えた。

 大浦湾の新基地K9護岸建設現場では、100メートル超に延びた護岸の先端で石材の投下が進められた。カヌーで抗議する市民5人がフロートを越え、海上保安官が制止した。

最終更新:7/14(金) 11:40
沖縄タイムス