ここから本文です

プロ野球選手にとっての『オールスターゲーム』とは…?

7/14(金) 11:00配信

ベースボールキング

年に1度のお祭り

 待ちに待った“お祭り”が今年もやってきた。

 7月14日、いよいよ「マイナビオールスターゲーム2017」が開幕。今年は14日(金)と15日(土)の2日間の開催で、初日は中日の本拠地・ナゴヤドーム、2日目はロッテの本拠地・ZOZOマリンスタジアムで夢の競演が行われる。

 選ばれし者だけが立つことを許される夢の舞台。ファンにとっては年に1度のお祭りであるが、“選ばれる側”である選手たちはどのような想いでこの時期を過ごしているのか。プロ野球OBの増渕竜義氏に『現役選手たちにとってのオールスター』について聞いてみた。

オールスターとは“学ぶ”場所?

 夢のオールスターゲーム。プロ野球選手にとって、この舞台は1度は経験してみたい大舞台です。

 もちろん、日本シリーズというのも選手にとっての大きな目標。立ってみたい舞台のひとつです。でも、球界きってのスター選手が勢ぞろいするオールスターはやはり特別。全員が憧れている場所ですね。

 オールスターのメンバーに選出されるということは、選手にとって大変名誉なことであり、私も現役時代はずっと出場してみたいと思っていました。私は結局、1度も選出されずに現役を終えたのですが、今でもやはり出場してみたかったなという思いはあります。


 出場したい理由は人それぞれでしょうが、あの大きな舞台でプレーしたいというのはもちろんの事、各チームのスター選手が行っている練習方法であったり、どのような考え方で試合に臨んでいるのかといった疑問を直接聞くことができるというのは大きいと思います。

 試合前の練習時をはじめ、試合中でもベンチで違うユニフォームを着た選手同士がにこやかに話しているシーンを見たことがある方も多いのではないでしょうか。もちろん、野球と関係ない話をしていることもあるかもしれませんが、多くは目の前で行われている対決に関してや、そこから派生した野球の話がほとんどだと言います。

 『この場面はどうする?』といったような会話から、投手であれば攻め方や変化球の投げ方、さらにはローテーションの合間の行動からブルペンでの過ごし方まで...。普段なかなか直接話をすることができない選手と“情報交換”ができるというのは、オールスターならではの魅力ですね。

 一流の選手から“学ぶ”ことができる場所。選手たちにとっては年に1度のお祭りという以上に、“勉強の場”という側面もあるのです。

1/2ページ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10/19(木) 13:10