ここから本文です

【あなたは何しに?】退職が決まったウイリアムズF1スポーティングマネージャーの転職先は?

7/14(金) 12:57配信

オートスポーツweb

 F1シーズンを転戦していると、いろいろな人との出会いがある。そんな人たちに、「あなたは何しに、レースに来たのか?」を尋ねてみる特別企画。今回は、ウイリアムズのスポーティングマネージャーを務めるスティーブ・ニールセンだ。 

FIAのレースディレクターであるホワイティングと話し合うニールセン(右)

----------------------------

 ウイリアムズのチームシャツを着たこの方は、スポーティングマネージャーを務めているのはスティーブ・ニールセンだ。

 スポーティングマネージャーというのは、いわゆるチームマネージャーのような存在だから、彼がサーキットに来ているのは、当然のことである。だが、以前、このコーナーでウイリアムズのスポーティングマネージャーは7月からマクラーレンを退職したデイブ・レディングに変わると聞いていた。いったい、どういうことか。

「ウイリアムズのスポーティングマネージャーが私からデイブに変わるというのは、いまも変わっていない。ただ、その時期は『7月から』ではなく、『7月末以降』なんだ」

 つまり、レディングが新しいウイリアムズのスポーティングマネージャーとしてサーキットで仕事を開始するのは夏休み明けのベルギーGPからというわけだ。

 そうなると、ニールセンにとって、ウイリアムズのスポーティングマネージャーとしての仕事はあと2戦。以前、このコーナーでウイリアムズのスポーティングマネージャーがニールセンからレディングに変わると報じたとき、ニールセンはその後、ファクトリー勤務になると伝えたが、ニールセンによれば、「じつはウイリアムズを退職することになった」という。

 つまり、ニールセンがウイリアムズのチームウェアを着て仕事するのも、7月末のハンガリーGPが最後ということになる。次はどんな色のチームウェアを着るのか。

「もう決まっているが、いまは教えられない。この世界には残る、ただし、チームじゃない。また、近いうちに会えるよ」と言って、微笑んだニールセン。

 翌日、パドックを歩いていたら、ニールセンが真剣な表情で話し込んでいた。その相手を見たら、なんとFIAのレースディレクターを務めるチャーリー・ホワイティングではないか。

 チームではないが、この世界に残る――もしかして……。

[オートスポーツweb ]