ここから本文です

F1が新たなファン獲得を目指し、Snapchatとパートナーシップ契約。イギリス、日本などのレースをカバー

7/14(金) 16:23配信

オートスポーツweb

 新オーナーの下でソーシャルメディアネットワークの活用に積極的に取り組んでいるF1が、短時間で消える写真・動画共有プラットフォームSnapchat(スナップチャット)に関してスナップ社とグローバルパートナーシップ契約を結んだことを発表した。

【関連写真】新たなファン獲得を目指すF1オーナーは、イギリスGP前に市街地デモ走行イベントを開催。マクラーレンMP4/6・ホンダも走行

 両者の取り組みは今週末のイギリスGPで初公開される。Snapchatの“Our Story”のコンテンツタイプおよび、キュレーションプラットフォームである“Discover”が利用される。

 Our StoryはSnapchatユーザーたちから投稿されたスナップをSnapchatの担当チームがキュレートしたもので、同じイベントに参加しているユーザーたちが動画や写真を通してそれぞれの体験を提供し、それがひとつのストーリーとなることでイベントの雰囲気や興奮を伝えていくと、F1は説明している。しかしまだ具体的なことは明かされていない。

 イギリスGPの後は、シンガポール、日本、米国、メキシコ、ブラジル、アブダビのレースがカバーされる。

「これは我々のソーシャルメディア戦略拡大に向けた最初の一歩となるだろう」とF1のデジタル部門責任者のフランク・アルソファーは述べた。

「我々は最初から、F1というテクノロジーと個人の才能が融合した素晴らしいショーに、ファンを近づけてくれるパートナーと仕事をしたいと言ってきた。Snap社はまさにうってつけのパートナーだ」

「F1の新たなファンを発掘し続ける必要がある。ソーシャルメディアプラットフォームを通じて、舞台裏の様子や楽しく魅力的な内容を届け、人々の心を掴んでいく」

「Snap社のプラットフォームは“ミレニアル世代”の間で最も人気を集めているもののひとつだ。その世代はF1の未来を象徴しており、我々が特に引き付けたいと考えているグループだ」

[オートスポーツweb ]