ここから本文です

秋元康氏新アイドル発掘へ!業界飽和状態…どう売る

7/14(金) 4:51配信

日刊スポーツ

<ニッカンスポーツ・コム/芸能番記者コラム>

 AKB48グループや乃木坂46、欅坂46などを手掛ける秋元康氏が新たなアイドルを発掘、総合プロデュースするテレビ朝日系オーディション番組「ラストアイドル」(放送日未定)が8月からスタートする。

【写真】指原莉乃、“秋元康超え”宣言で批判浴びて釈明

 番組を舞台に、オーディションの応募者たちがCDデビュー(年内予定)をかけたバトルを繰り広げていくという。斬新なのは募集要項に記された、プロアマ問わず、兼任可という項目だ。例えばAKB48のメンバーも所属事務所の許可を受ければ応募して活動するチャンスがあるということだ。

 業界はどう見ているのか。「露出のチャンスなので活用したい」という関係者もいれば、「アイドル自体が、すでに飽和状態なのにどう売っていくつもりなのか」と困惑する関係者もいる。現役アイドルやモデルなど、ある程度、完成された芸能人と一般人の割合がどのようになるのか興味深いところだ。

 そして、最も興味深いのが、秋元氏が、この7人組をどう料理するのかということだ。「アイドル自体が、飽和状態」という言葉もそうだが、AKB48グループや坂道シリーズで直球アイドルから変化球アイドルまで極めた感がある中で、どんな新しいアイドル像をつくり出すのか。年内CDデビュー予定ということで、遅くも年末までにはその全容が見えそうだ。

最終更新:7/15(土) 10:03
日刊スポーツ