ここから本文です

幕下矢後、前に出て3連勝「1番に集中できている」

7/14(金) 16:09配信

日刊スポーツ

<大相撲名古屋場所>◇6日目◇14日◇愛知県体育館

 昨年のアマチュア横綱でデビュー2場所目を迎えた、東幕下11枚目の矢後(23=尾車)が、この日も勝って無傷を守った。同13枚目の出羽疾風(28=出羽海)と対戦。終始、突き押しで攻め立て押し出した。

 3連勝の矢後は「相手は嫌なタイプだったけど、自分の相撲を取れて良かった。前に出ることが出来ました」と快勝に満足そうだった。

 幕下15枚目格付け出しで初土俵となった5月の夏場所は、5勝2敗で勝ち越し。それでも「何が何だか分からず頭が真っ白だった」と振り返る。プロの土俵を1場所経験し「今場所は周りが見えている。1番に集中できている」と好調の要因を口にした。

 残り4番。このまま全勝で乗り切り7戦全勝なら、15年名古屋場所で新十両昇進を果たした御嶽海(出羽海)以来となる、所要2場所で関取の座を射止めることが確実となる。残り4番に、周囲の期待も高まる。

最終更新:7/14(金) 16:09
日刊スポーツ