ここから本文です

小池都知事へ豊洲土壌汚染追加対策の再考申し入れ書

7/14(金) 17:51配信

日刊スポーツ

 小池百合子東京都知事が先月、築地市場の豊洲移転と築地再開発を表明し、豊洲の地下追加対策工事実施を決定したことに、日本環境学会元会長の畑明郎氏と1級建築士の水谷和子さんが、14日、都庁を訪れ、小池氏宛に「実効性に乏しい豊洲市場土壌汚染追加対策の再考を促す申し入れ書」を提出した。

 2人は、汚染の実態を究明しないままの無謀な対策とし、地下ピットの対策は床だけで外周壁については無対策、また、水圧でコンクリート床が浮上する危険があるなどと、現在、提案されている追加対策の問題点を指摘した。畑氏は「追加対策は効果がないという認識でいる」と語った。

最終更新:7/14(金) 17:51
日刊スポーツ